BTMの掲げるMVV

MISSION

日本の全世代を活性化する

世の中が気付いていない、全国に眠る価値ある機会や情報。
それらを集め、広めることで人や地域の魅力と可能性を引き出す。
全世代が活力に溢れ、未来に期待を膨らませる。
人生100年時代を愉しもう。
日本はもっと、もっと⾯⽩くなる。

VISION

コングロマリット企業を作る事業化集団であろう

人や地域の魅力、可能性を引き出す方法は無限だ。
相反するもの、交わらないものの組み合わせが
全く新しい価値をうむこともあるだろう。
我々は多角的に事業を創造し続け、社会に貢献していきたい。

VALUE

『自律』した人財を増やす

全国に眠る価値。それは「人」である。
その価値ある人を自律した人財へと育てていく。
機会提供により自律した人財を増やすことで、
付加価値の高い仕事を地方へ供給し、
働くことへの「あきらめ」を「希望」へ変えていく。

Value

Value1 打って出る
自分たちから動くことで、物事を前に進めていく。
固定概念、常識にとらわれない。やりすぎくらいがちょうどいい。
Value2 目的の達成に拘る
様々な方法を考え、誰よりも行動しよう。
行き詰まったら、もう⼀度原点に⽴ち返ろう。
Value3 「働く」を楽しむ
仕事に熱中することはかっこいい。
その姿で周りを感化し、働く楽しさを全国に伝播しよう。
Value4 「遊ぶ」を楽しむ
⼀流は仕事にも遊びにも常に全力。
「遊び」で得た刺激やきっかけで自身の幅を広げよう。
Value5 人として正しい行動をする
倫理観を大切にしよう。
周囲からの信頼が自分自身の財産である。

Top Message

代表取締役社長 兼 CEO 田口 雅教

「できる!」を追求し、人の可能性を広げる企業、IT×人材で世の中に影響を与える企業へ

BTMは2018年に「日本の全世代を活性化する」というMissionに一新し、
SES事業、受託事業を中心に地方創生企業として動き始めました。
当社が前々から力を入れていたリモート開発を強みに
日本全国のエンジニアと協力し、デジタル化を進めます。

なぜ我々が地方創生に力を注ぐのか。
それは地方の活性化こそが日本の活性化のカギを握っていると考えているからです。
国会議員秘書時代に地方の方々と膝を突き合わせ、様々な分野の方々と話をする機会を頂きました。
その経験の中で、ヒト・モノ・カネが都市圏へ集中するのは必然的で、地方には輝きを失っていない人材が
たくさんいるにも拘らず、機会に恵まれていないのだということを痛感いたしました。
労働人口が減少し、国際競争力ランキングも下降を続ける日本の経済力には不安が募るばかりです。
だからこそ我々は、地方へ目を向け、機会を提供し、労働力を高めることで、日本を活性化したいと強く思っています。

先に述べたように、地方創生のカギを握るのは「人財」です。
都市圏にヒト・モノ・カネ・情報が集中することで、結果、様々な機会も都市圏に集中している状況でしたが
今後リモートが活用され、情報が地方にも平等に行き渡ることで機会が増え、眠れる価値である「人財」が
真に活性化すると考えています。

我々は、「機会提供」で都市、地方関係なく全国のヒト・モノ・カネ・情報がフラットになり、
「社員」「顧客」「社会」が豊かになる社会貢献度の高い企業を追求して参ります。
一人一人が日本への「あきらめ」を「希望」に変え、
「人生100年時代」を楽しんで歩んでいけるような社会を創りたいと思っています。

まだまだ道半ばではございますが、
今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。 

代表取締役社長 兼 CEO

田口 雅教

数字で見るBTM

※2016年4月社内アンケート調査より

  • 入社のきっかけ

    「成長できる環境」が第1位になりました。BTMではいろんなことにチャレンジできます。
    • インドア派60.7%
    • アウトドア派27.4%
    • 文化派8.9%
    • その他3.0%

    休日の過ごし方

    ゲームをしたり、家でもプログラミングの勉強する人が多いようです。
  • お酒を飲む頻度

    毎月1回会社での立食パーティがあり、社員同士交流しています。
    • O型35.1%
    • A型29.1%
    • B型23.1%
    • AB型9.7%
    • 不明3.0%

    血液型

    一般的な血液型の割合より、O型の人がやや多いようです。
  • 出身地

    日本全国から韓国・中国まで、関東以外の社員もたくさんいます。

お問い合わせ

プロジェクトのご相談、事業に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。