コングロマリット企業を作る事業化集団であろう。

MESSAGE

BTMは2018年に「日本の全世代を活性化する」というMissionに一新し、
SES事業、受託事業を中心に地方創生企業として動き始めました。
当社が前々から力を入れていたリモート開発を強みに
日本全国のエンジニアと協力し、デジタル化を進めます。

なぜ我々が地方創生に力を注ぐのか。
それは地方の活性化こそが日本の活性化のカギを握っていると考えているからです。
国会議員秘書時代に地方の方々と膝を突き合わせ、様々な分野の方々と話をする機会を頂きました。
その経験の中で、ヒト・モノ・カネが都市圏へ集中するのは必然的で、地方には輝きを失っていない人材が
たくさんいるにも拘らず、機会に恵まれていないのだということを痛感いたしました。
労働人口が減少し、国際競争力ランキングも下降を続ける日本の経済力には不安が募るばかりです。
だからこそ我々は、地方へ目を向け、機会を提供し、労働力を高めることで、日本を活性化したいと強く思っています。

先に述べたように、地方創生のカギを握るのは「人財」です。
都市圏にヒト・モノ・カネ・情報が集中することで、結果、様々な機会も都市圏に集中している状況でしたが
今後リモートが活用され、情報が地方にも平等に行き渡ることで機会が増え、眠れる価値である「人財」が
真に活性化すると考えています。

我々は、「機会提供」で都市、地方関係なく全国のヒト・モノ・カネ・情報がフラットになり、
「社員」「顧客」「社会」が豊かになる社会貢献度の高い企業を追求して参ります。
一人一人が日本への「あきらめ」を「希望」に変え、
「人生100年時代」を楽しんで歩んでいけるような社会を創りたいと思っています。

まだまだ道半ばではございますが、
今後とも一層のご理解、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社BTM
代表取締役社長 兼 CEO

田口 雅教

What is BTM?? COMPANY

BTMは、SES事業を軸に5年で1名→170名まで急成長しました。

「こういうプログラマーが欲しい」 「○○が出来るインフラエンジニアが欲しい」
そんな要望のある企業様へ、 BTM所属のエンジニアを紹介します。

つまり、 【営業】は【企業とエンジニアの架け橋】。 BTMの強みはその【営業力】。
エンジニアさんの希望の案件、頑張ってとってまいります。

SES(System Engineering Service)とは?

SES(System Engineering Service)とは?

BTMは、エンジニアさんの
「やりたい」を大切にします。

どんな案件に入りたいのか、
どんなスキルを伸ばしたいのか。

営業がしっかりとヒアリングし、
適切な案件をご紹介します。

また、エンジニアさんがNOと言った案件に無理にアサインさせることはありません。

Web Service事業

多彩な分野の開発により培った幅広い技術力やノウハウ

最新のウェブ技術を持つSEを中心に、 十分なヒアリングやプロポーザルを行い、 お客様のご要望を理解します。
また、課題や問題をチームで共有することで、 お客様のニーズを正確に掴み、ご提案しています。

B to C サービス

B to C サービス

  • ソーシャルゲームアプリ

    担当工程:設計、開発、試験

    仲間との協力・連携プレイが攻略の鍵。リアルタイムチームバトルのゲームアプリ開発

  • 写真共有アプリ

    担当工程:設計、開発、試験

    簡単に写真、動画を共有するためのスマホアプリ

B to B サービス

CMSサービスExemplum

CMSサービス
Exemplum

担当工程:設計、開発、試験

「コストを抑えて、思い通りのホームページデザインを」を実現する専用CMSサービス

募集要項を見る

数字で見るBTM

募集要項を見る

受賞歴

社員インタビューINTERVIEW

募集要項を見る

採用担当からのメッセージ

採用ページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
BTMでは第二創業期を迎え、更なる発展のため「4つのpower(力)」を求めています。

  • 行動力のある人材 ~数・質・スピードを意識して動ける人~
  • 思考力のある人材 ~何事にも5W1Hを意識して考えられる人~
  • 人間力のある人材 ~関係する人すべてがWin-Winになるように配慮できる人~
  • 向上力のある人材 ~現状に満足せず常に上を目指し、しっかりとした夢(目標)を持って邁進できる人~

上記のなかでどれか1つでも思い当たる方は、お気軽にご応募ください!!
これから始まる第二創業期のBTMと共に、成長していきましょう!!
BTMにご興味を持って頂けましたら詳細をご覧頂き、ご検討下さい。

エントリー ENTRY

募集要項を見る